• Ichiyoh Nakazawa

人に聞けるスキル



このスキルを持ってる人は”強い”と思う。💪


僕が”魅力的”に思う人、全てに共通している点であり、

その誰もが、このスキルを身に着け、自己実現に向けて真っ直ぐに歩を進めている。



僕がこのことに気付いたのは、

不幸にも大人になってからだ。👮‍♂️




そもそも何故こんな自分になってしまったのか考えてみた。

思いついたのは2つ。



●『学校で植え付けられた恐怖観念』🏫🏫


誰しもが遭遇する”クラス全員の前で正解を答える”イベント。

その時自分は、

「考える気はある!必死に考えている!」


だけど分からなかった…


そして訪れる静寂…


先生は聞く、「わからないの?」💁‍♀️


本当にわからない。だけど言えない。

そして次の人間に飛ばされる…



こんなこと、なかっただろうか?


もしわからないなら聞けばいい、と誰しもが思うかもしれないが、

無理を言うな。小学生が静寂の中で堂々と

「わからないから教えてください!」

と言えるものか。


だがしかし!中には言える猛者もいたものである。


そういうクラスメイトを横目で見ながら、

猛烈に襲いかかってくる【劣等感】



「こんな空気の中でよく聞けるな…」

「僕だって何でか聞きたい」

「でも、答えられなかった僕には無理だ…」





●『一人っ子問題』☝️☝️

(※注※ これは個人に差があることを念頭に置いてほしい(笑)


一人っ子は何としてでも

「自分で処理してしまいがち精神」があると思う。(僕だけ…かw)


そんなバックボーンがあると、

問題に直面した時、余計に厄介な自分が登場する。

「プライドがやけに高い」のである。😎


プライドが高いだけに、

「オレ一人で出来るもん!」ともっとヤケになる。

人に聞けばもっと早く問題解決できるというのに…



そんな状態で育ってしまったからにはもう遅い。

自分のスキルの無さに気付いた頃には、大人になってしまっていた‥






これを悟ってからというもの、

ある時期から自分を少しずつ変え始めた。♻️


①最初に自分の考えも含めて投げかける。

(相手のことを思いやって言葉を選ぶ←ここ大事)

②相手の意見を聞く。

(相手の言葉遣いではなく「何が言いたいか」を探る)

③同意を得られれば解決。

 反対の場合は、お互いの妥協点を探る。


という感じで、僕なりの話し合い方法を日々実践しているが、

やはり大事なのは『相手のことを思いやる姿勢』

つまり、「言い合い」ではなく「話し合い」をすべきと思う💐






学生時代の馬鹿な自分と決別すべく、

こんなことを毎日思いながら生きていますです。🐤

日々、学びですわね😂



中澤 一陽

50回の閲覧
©️2019 ichiyoh nakazawa