• Ichiyoh Nakazawa

田村直美さんライブのローディー


11/15(金)、

田村直美さんの記念すべきライブに、北島師匠のローディ(お手伝い)として参加させて頂きました❗️

家宝のひとつ…


とても素晴らしいライブで、会場のお客さん方も大盛況!

バックバンドの方々もDIEさん(key)、師匠(Gt)、西山史晃さん(Ba)、田中一光さん(Dr)という 超豪華布陣‼️

特にドラムの田中一光さんは、僕が昔から好きなドラマーのお一人でもあり(B'zでの多くの名演が大好き!)、抜群の安定感あるドラミングには驚きました。。


イベント表題曲でもある「ゆずれない願い」が始まると、

背景のスクリーンに「魔法騎士レイアース」の映像が流れ、僕はリハの時introから目頭が熱かったです(泣)😭

最後、ライブが終わった際に田村さんがとびきりの笑顔でハイタッチしてくださったあの瞬間を僕は忘れません😊🤲




僕自身田村さんは昔からのファンであり、

ソロ曲以外にもPearlは勿論、学生時代京都に住んでいた頃に、「タムコレ」(田村さんとギタリスト是方博邦さんのユニット)のLiveに2回足を運んでいる程大ファンであります。


京都AKKUN'Sでの一枚


また、師匠に音楽を習う前から、田村さんと師匠の関係は知っておりました。

第二期Pearlは勿論のこと、田村さんソロ曲ではシングル他多くのギターを師匠がレコーディングされています🎸。(意外と知られていない)


今回のライブ、

僕にとっては、そんな超強力コンビが”原曲のアレンジ”で”再演”されることにとても感慨深い想いを抱いておりました。





師匠のレコーディングしたギターと言えば、

ギターソロがとんでもなく難しいのは有名です。😵


師匠はご自身でも仰っている「楽譜に表しづらい表現技法」に長けています。

「ゆずれない願い」は正にそのオンパレードで、”タイム感”、”ビブラート”、”ピッキングハーモニクス”等、それらが出てくるタイミングが独特で、最高にカッコいいのです🎸




思い切ってご本人に「当時のアドリブで弾いたソロってご自身で再現できますか?

と聞いてみました。


答えは勿論出来るとのこと。

しかし、あの勢いは当時のあのテイク一度きりのものだから、全く同じ演奏は出来ないし、そういうものだ。


その後続けて、ギターソロに関して大事なことを教わりました。

『ギターソロを考える時に”一曲ごとのソロ”と考えないこと』



どういうことかというと、要は

お客さんは「一曲だけの感動」ではなく「ライブ全体のセットリスト(MC含む)を通しての感動」を味わいに来ている。


つまりギターソロで言うと、”例えば4曲ソロを速弾きばかりやった所で速弾きのインパクトが削がれるし、お客さんは飽きてしまう”。

一日のライブ全体のセトリを見て、速弾きのソロをやった次の曲はロングトーン多めで行こうとか、そういうソロアレンジの工夫を毎回考えているとのこと。

※勿論、ゆずれない願いのようなソロの印象も深く頭に残っている有名曲なんかは、原曲ぽく忠実に弾くこともあるとのこと。



僕は「なるほど・・・」という言葉しか出てこないほどに衝撃を受けました。⚡️



しかし、最後に

「とか言いながらテンション上がって弾きまくっちゃうんだよ笑」

と笑いを交えるのも、師匠の温かい人柄な一面を感じました。




毎回感じる師匠の『冷静な分析力』には発見の連続です。



今回も沢山の学びがありました。

ありがとうございました!



月が綺麗な夜空はまるで青空かのように透き通っていました。

45回の閲覧
©️2019 ichiyoh nakazawa